SPECIAL記事 経営者物語

「会社は経営者の器以上にならない」
会社の器を大きくするためには、
常に学びと実践が必要。

株式会社クレアネット 代表取締役
谷 美輝

創業:平成20年6月6日 / 入塾歴:5年5カ月
売上高:5億円未満
従業員数:15名
業種:WEBマーケティング、WEB制作、システム開発
理念:ハッピートライアングルで企業を元気に
URL:http://www.clarenet.co.jp/

入塾のきっかけ(動機)

起業早々、常に会社を成長させないといけないと考えておりました矢先、取引先からご紹介いただきました。ちょうど、3年目が過ぎ4期目に入る過程で「起業から第二創業期」と考えており、より成長できる機会だと感じ入塾いたしました。

当時から、稲盛塾長の名前も知っていましたし、書籍も多々拝読しており、「心を高める、経営を伸ばす」「稲盛和夫の実学―経営と会計」、「成功への情熱」、「アメーバ経営」など書籍を読み、大変興味がありました。


入塾してどのような学びを得ましたか?

まず、経営体験発表に圧倒されました。経営体験発表は経営者が、自社の課題や取り組みを真摯に話し、聞いている塾生が愛情あるものの時に厳しい質問や投げかけを行うもので、その真剣な場に感動を覚えました。

また、入塾すぐに「世界大会」に参加しました。世界大会は、7月に横浜で世界各地から約4000人経営者が集まり経営体験発表を行うものです。ブラジルでバナナ農園を行う経営者さんが最優秀経営者賞でしたが、これほど多くの経営者が真剣に聞き入る姿に感動しました。理念、事業、数字、経営者の器、立ち向かった困難など、自社や自分と比較して至らないことだらけの自分にまだまだという気持ちでいっぱいになりました。

「会社は経営者の器以上にならない。塾長を始め、素晴らしい経営者さんがたくさんいる盛和塾で少しでも経営者の器を大きくしよう」決心しました。


その気づきからどのように変化しましたか?

経営者自身である私の考え方が変化しました。

今までは率先垂範で仕事をして努力を重ねることが大事と思っていましたが、さらに加えて、会社スタッフの幸せを真剣に考えるようになりました。

「全従業員の物心両面の幸福」とはどういうことなのか?

ちょうど、入塾すぐの創業4年目に社員を1人残して、全員が退職する危機が訪れ、顧客の40%を失い売上も30%減少したこともあり、企業成長や顧客満足を追い求めるあまりスタッフに対する配慮が欠けていたことに気付きました。

そんなハードな時期の反省と共に、盛和塾の学びもあって、社員とも顧客とも長く良好な関係で成長していこうと、「ハッピートライアングル」を会社理念にしました。

ハッピートライアングルは現代版三方よしです。スタッフよし、顧客よし、パートナーさんよし。スタッフの働きがいを追求すれば自然に顧客へのサービスが高まり、信用が財産なので取引先との関係も増え、大きく見れば雇用も租税も生んでいき、そして取引先である企業を元気にできる、いい循環になる、と考えました。

これからのビジョン(今後の抱負や目指していることなど)

ハッピートライアングルを理念として、もっといい会社作りを行っていきたい。スタッフが会社にいて楽しいと思える会社、取引先に満足してもらえる会社、長く仕事ができるような会社、もちろん財務などの数字も素晴らしい会社にしたい。

「会社は経営者の器以上にならない」以上、自分自身をもっと成長させて器を大きくしたいと思っています。

塾長の著書でお気に入りの一冊を紹介してください。

「京セラフィロソフィ」
どの書籍も素晴らしいですが、「京セラフィロソフィ」です。経営会議では京セラフィロソフィの一節を読んで理念浸透を行っております。中でも「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という言葉は盛和塾に入塾前から知っていたので感銘を受けました。

私は司法試験浪人も長年経験しており、社会人になった年齢が人より遅く、周回遅れのような気持ちで常にいましたが、「熱意だけは誰にも負けない」という気持ちだけでも仕事の成果に繋がるんだと、自分が励まされた気持ちになりました。

  • 入塾のご案内
  • 公開経営セミナー
  • ソウルメイト勉強会
  • DVD勉強会
  • 資料請求
  • 経営者物語

入塾ガイダンス

DATAで知る盛和塾<大阪>

公開経営セミナー

ソウルメイト勉強会

DVD勉強会

資料請求

経営者物語

経営者物語の生き方・考え方

経営者物語

一覧を見る

TEL:06-6341-1092  FAX:06-6341-1093

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル28階

盛和塾<本部>Webサイト