稲盛塾長講話ビデオライブラリー

DVDから学ぶこと

・経営の原点12ヶ条 ・経営の根幹 京セラフィロソフィー

申し込みはこちら

DVD視聴 体験者の声

株式会社Y'sdesign建築設計室
代表取締役 入塩 安高

弊社の理念 全従業員の物心両面での幸福の追求を実現すること

  • 詳しく読む

    • 1盛和塾との出会いと入塾まで

      今から8年前になりますが、書店の前を通りかかった時、ショーウインドウのガラス面に稲盛和夫、<人を生かす>と書かれたタイトルのポスターが目に止まりました。塾長の何とも言えないにこやかな笑顔に見とれ、すぐにその本を購入しました。読ませていただき,会社として、しっかりとした経営をして行かなければならないと強く強く認識するようになりました。
      なぜなら私ども設計事務所の業界は、他の業界より経営、採算面に対しての取り組みが弱く、私は好きな建築の設計ができ、給与をちゃんと支払うことができ、少しの黒字であればいい位に考えていたからです。
      その後、新聞広告で盛和塾<大阪>主催の公開講座があることを知り、申し込み、受講する機会を得ることができました。講演の内容も良く、また当日お世話をしている塾生の方々が一生懸命に対応されている姿を拝見し、このような方々と一緒に学ぶことが出来ることならと思い、申し込み、入塾させて頂きました。

      2DVD学習を通して学んだこと

      レベルの低い私自身の人間性、考え方を変えるには、繰り返し繰り返し学ぶ事によって僅かずつですが人間性、考え方を向上する事以外に方法はないので、学んでいます。
      稲盛塾長は、私たち経営者は、日々儲かる儲からない、あれがどうだ、これがどうだと朝から晩までそのような事に多くの時間を費やしています。雑念、妄念の払い除け、一日一回心を鎮めて善き事、善き行いを思う事が非常に大事であると仰られています。
      私の実践として、毎日朝7時より心を鎮めて、稲盛塾長の善きお話を聞き、善き事を思うようにしています。
      結果として、稲盛哲学を少しずつですが実践することにより、会社の売上、利益、社員数が増え、全従業員の物心両面での幸福実現に一歩ずつ前進しています。

      皆様も早朝DVD勉強会に、ぜひ御参加下さい。

      3DVD学習の良いところなど

      現在のDVDは、1993年から2016年まで23年分の盛和塾塾長例会のDVDをリクエストにより、どれでも拝聴することが出来ます。
      全てが、稲盛塾長から直接学ぶことができるので、素晴らしいDVDだと思います。
      四半世紀に渡り、稲盛塾長が講話されている内容、稲盛哲学は改めて普遍的で、本質を貫いている事が、大変良く理解出来ます。
      稲盛哲学が全て入っている集大成の学習の機会ですので、皆様も御参加下さいね。

      4事業に対する今後の抱負

      将来のビジョンについては、社員の皆さんがこの会社で働いて本当に良かったと思ってもらえるような会社、また社員のお子さんが大人になれば,この会社で喜んで働いてもらえる会社にすることです。
      又、多くの人に社員になってもらい、弊社の理念、全従業員の物心両面での幸福の追求を実現すること、そのためにしっかりと利益を出し税金を支払うこと。両者とも塾長は立派な利他業(世の為、人の為又は社会貢献)であると言っています。
      私のような未熟な経営者が少しでも、まともな正しい経営が出来るようになることが、せめてもの塾長への何よりもの感謝の表現だと思っています。

      2013年の忘年塾長例会にて塾長は「心をきれいにして、他に善かれかしという利他の心の帆を張る。利己の心は穴だらけで、他力の風を受け止めることは出来ませんが、利他の心の帆は素晴らしい帆であり、他力の風を受けることが出来ます。」
      また、「みんなを守り、社会を守ることをしていると言う喜びを感じること。その行為そのものが経営者にとって最高の幸福なのです。」と言われています。

      私にはまだまだ、小さな利他の帆を張ることしか出来ませんが、これから残りの人生に於いて必死の努力にて、少しでも大きな利他の帆を張り、多くの他力の風を受けれるように、その利他の帆を少しでも大きくして行く行為そのものが、経営者として最高の幸福であると心より思えるように、何としてもなりたいと思います。

三島硝子建材株式会社
代表取締役社長 三島 圭四郎

これが限界だと自分で思っていたところが実はそうではなく
その思いが限界を作っていた

    • 1盛和塾との出会いと入塾まで

      あるセミナーに参加した時に大変魅力ある講師の方に出会いました。その講師の方はセミナーの中で「人は何のために働くのか」「生きる幸せとは」ということと「お金を儲ける意味」というのはどこかに答えがあるのではなく、自分自身の中にあると明確に言葉にしておられました。そこに大変興味を覚えてお話しさせてもらうと盛和塾で学んでいるということでした。また、2代目後継者のセミナーで出会った講師の方は「今、自分が営んでいる事業の目的とは」ということを熱心に語っておられ、父親との衝突から感謝するに至るまでの話を聞き、人間味あふれる姿に大変興味を持ったところ、盛和塾で学んでいるとのことでした。この連続した経験から盛和塾というところはどんなところなのだろう?と思いました。稲盛和夫塾長を知らなかった私が、塾生の人達の人間的な魅力から盛和塾を知るきっかけをもらいました。

      2DVD勉強会に参加した理由

      私は稲盛和夫塾長のことを入塾するまで知りませんでした。盛和塾が何をベースにしているのかを知りたかったので、やっていることを全部見てみようという思いでした。DVD視聴は、塾生が何故そんなに塾長の哲学を真剣に学ぼうとするのか、塾長の言われることを実践すると何故経営が良くなるのか、塾長とはどんな人なのかを本ではなくしゃべっている姿を感じたいという気持ちで観に行きました。

      3参加して何に気付いたこと

      塾長の本「生き方」を読み、妻も興味を持ち2人で観に行きました。私は必死で塾長のおっしゃられることをメモしていましたが、隣で妻は観ている間ずっと陽気に笑っていました。どうして笑っていたのかを妻に聞くと、妻は満面の笑みで「私、生きていて良かった」と言いました。詳しく聞くと、塾長の言われることに「そうそう!」と納得し、表現される言葉に凄い!と感じ、嬉しかったとのことでした。

      妻は、今までずっと正しいと思っていたことが綺麗ごととして周りから受け取られることが多く、自分をさらけ出せないまま生きてきたように思います。塾長が自身の体験を通じて言われる言葉がみんなによく分かるように表現されていることに感動をし、共感し、今まで否定しようとしていた自分の思いや、お父さんお母さんから今まで教えてもらってきたことを純粋な気持ちで大人になった今でも認めてもらえた気がしたのだと思います。
      純粋で人として正しいことを行うことと利益を生み出してつなげていくこと、この2つのことを強い情熱で突き進むのが幸せな道だと感じることができました。

      そして、入塾を決めました。

      4入塾後の変化

      私も含め、一人また一人と自分の心の底から仕事でやりたいことに気付き始めました。その結果、会社が元気になり、感動することが格段に増えてきました。やらされることが多かったしんどい職場が、誰かの為に活き活きと活動する場所になってきました。

      最近ではそれを実現する為、売り上げに落とし込むようになってきています。また、人間の能力の無限の可能性の広がりを間近で知ることができました。これが限界だと自分で思っていたところが実はそうではなく、その思いが限界を作っていたことに気が付きました。

      5将来の目標

      会社に居る人間が仕事で誰かを幸せにすることに生きがいを持ち、関わる人全てが感謝から幸せになり、人のつながりが強い世界になって、みんなが元気になっていく社会を作っていくことに事業を通じて貢献し、次世代に残していきたい。まるでみんなが家族のような世界を作ってみたいと思います。

    詳しく読む

DVD勉強会で学ぶ

グループ視聴 体験者の声

〇〇会社 代表取締役社長 大阪 太郎

キャッチコピー。キャッチコピー。キャッチコピー。

〇〇会社 代表取締役社長 大阪 太郎

キャッチコピー。キャッチコピー。キャッチコピー。

どんなDVDがあるの?

お申込みの前にまずは日程を選んでください

  • 入塾のご案内
  • 公開経営セミナー
  • ソウルメイト勉強会
  • DVD勉強会
  • 資料請求
  • 経営者物語

入塾ガイダンス

公開経営セミナー

ソウルメイト勉強会

DVD勉強会

資料請求

経営者物語

経営者物語

一覧を見る

TEL:06-6341-1092  FAX:06-6341-1093

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル28階

盛和塾<本部>Webサイト