社是

企業が何を目指しているのかを明確に示すことは 経営者の使命です。
経営者は、経営理念、社是、経営ビジョン、社訓などとして、企業のあるべき姿や心構えについて、文章化しなければなりません。
その中で社是とは、企業の経営上の方針・主張を示すものです。経営者は社是を明確に文章化するだけではなく、社内外に浸透させなければなりません。
経営者を含めた従業員全員が、社是を理解していれば、企業の目指す方向へ一丸となって進むことができます。さらには、社是を外部の関係者にまでアピールすることで、企業のブランドイメージの確立につながります。

【1】社是とは

社是とは、企業・結社の経営上の方針・主張のことです。

良く似ているものに、経営理念、社訓、経営ビジョンなどがあります。
どれもたいへんよく似ているので混同されやすく、実際一緒になっている企業も多くみられます。

<広辞苑の定義より>
経営理念……企業行動における基本的な価値観、精神、信念、あるいは行動基準を表現したもの
社是……会社の経営上の方針・主張
経営ビジョン……企業のあるべき姿に対する構想ないし願望
社訓……その会社で働く社員の指針として定められた理念や心構え

【2】社是と社訓の違い

社是と社訓は、同じという人もいますが、正確には異なります。
実例で違いを考えていきましょう。

<社是>

■京セラ株式会社
敬天愛人
常に公明正大 謙虚な心で 仕事に当たり 天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心

■三菱重工業
一、顧客第一の信念に徹し、社業を通じて社会の進歩に貢献する。
一、誠実を旨とし、和を重んじて公私の別を明らかにする。
一、世界的視野に立ち、経営の革新と技術の開発に努める。

<社訓>

■ヤマトホールディングス
一、ヤマトは我なり。
一、運送行為は委託者の意志の延長と知るべし
一、思想を堅実に礼節を重んずべし

■株式会社ライオン事務機
一、明るい社会を作るために、先ず明るい会社を築こう。
二、自分の仕事については、常に責任と誇りと研究心を持とう。
三、誠実にして明朗、一致協力して、お互いの本文を尽くそう。
四、心身を健全に保って、常にファイトある人となろう。
五、今日一日、よりよきライオン事務機の社員として悔いなき一日を送ろう。

社是とは、企業が“是”(正しい)とするものであり、社訓とは、企業が守るべき教訓だといえます。

社是とは、経営理念の最も崇高な考え方で、具体的に実現していくための根本方針を示した言葉です。つまり、経営理念を実践していくための原理原則です。そのため、社是は対外的にも主張できる内容であることが多いのです。
一方、社訓とは、企業で決められているが、規則には書かれていない精神的な内容を書き出したものです。主に経営者の教訓や訓戒のことをいいます。対外的というよりも従業員に対してのスローガンのようなものです。

【3】社是の作り方

社是とは、企業・結社の経営上の方針・主張を凝縮して表わした言葉であり、経営方針の中から最も普遍的な大方針を一つだけ社是に掲げれば、社是のできあがりなのです。

社是の作り方の定義を厳密にいうならば、次の3項目が揃っていることです。
① 一社に一つ
② 経営上の大方針
③ 数文字に凝縮した一言

しかしながら、この3項目をすべて揃っている社是を持っている企業は少なく、ほとんどの企業で経営理念や経営方針や社訓と同じになっています。
ということで、社是の厳密な定義にあまりこだわって追求していく必要はなく、最も重要な方針と方向性を一つのセンテンスにすれば、それが社是になるようです。

【4】社是はどういう力を発揮するのか。

■社内に対して
京セラフィロソフィのなかでは、「人間にはそれぞれさまざま考え方があります。それぞれの人の力の方向(ベクトル)がそろわなければ力は分散してしまい、会社全体としての力とはなりません。 …中略…
全員の力が同じ方向に終結したとき、何倍もの力となって驚くような成果を生み出します。1+1が5にも10にもなるのです。」とあります。つまり社員の考え方・進むべき方向を合わせることが、経営においてはいちばん大事な要素です。

社是は、「何のためにこの企業が存在しているのか。」「この企業がどこに向かっているのか。」を明確に社員に浸透させることができます。そうすることで社員は自分の置かれている立場や業務に邁進することができまるのです。その結果、社員の士気を高めることにもなります。

■社外に対して
一般的に社是は、ホームページの企業情報のページや、企業案内のパンフレットなどで公開されます。これは、社会に対して、企業の考え方・価値観・社会責任を明確に示すことになります。そうすることで社会から共感を得て、企業の価値を高めることができます。企業の価値が高まるとは、顧客の獲得や、しいては商品の売り上げの向上につながり、さらに優秀な人材の採用に役立ちます。

【5】社是を浸透させるには

企業が何を目指しているのかを明確にすることは、経営者の使命です。
経営者は、社是を企業の内外へ積極的に浸透させなければなりません。では、どのように浸透させていけばいいのでしょうか。

社内的には、社内での掲示・社内誌・リーフレットの配布・カード、名刺などに印刷して常時携帯させるなど、様々な方法がとられているようです。
会議の際などは社是の文言に関連させて議論させたり、社長自ら社是に関する話をしたりして、社是を従業員一人一人に確実に浸透させなければなりません。

稲盛和夫氏は、「『京セラはこういう考え方で経営し、こういう方向を目指していきます。』ということを従業員に訴え、その方針に同調してもらうことが、一番難しいことだった。」と言われています。自分の考えをわかってくれない人に多くの時間を割いて話を続けたようです。
しかし、それでもわかってもらえないときは、他の会社を薦めることも辞さない態度までとったこともあったようです。これほど、社是を浸透させることに注意を払っていたのです。

また、社外的に社是を浸透させるにはどうすればいいのでしょうか。
大企業の多くは、テレビコマーシャルや新聞雑誌の広告などで行います。
中小企業では、ホームページの活用、会合などに出席して経営者自ら発言するなど社外に発信していくことで、社是を社外に浸透させなければなりません。

まとめ

社是とは企業の経営上の方針・主張を示すものであり、経営理念の根幹といえます。経営理念とは企業行動における基本的な価値観、精神、信念、あるいは行動基準を表明したものです。
社是を社内に浸透させて、個々の従業員の意識を進むべき方向に合わせることは、会社全体として思いもよらない成果を生み出します。
また、社是を社外に浸透させることで、企業のブランドイメージの確立につながります。

よって、社是を明確して浸透させることは、企業経営における経営者の重要な使命なのです。